NO.61

↑拡大クリック
↑拡大クリック

第62号(2019年春夏号)

●和紙な人々--辻晃一さん(和紙産地プロデューサー)「ベンチャー魂で仕掛ける持続可能な産地づくり」

●取組紹介--越前市紙の文化博物館特別展「踊る古代文字」--企画意図と書の新たな楽しみ方を聞く

●レポート--「トロロアオイ」の栽培、越前で始まる

情報欄

●新刊紹介「図説-神と紙の里の未来学」杉村和彦、山崎茂雄、増田頼保編著、越前和紙関連のイベント、facebookページ「越前和紙だより」のご案内 等

2019春夏号(62号).pdf
PDFファイル 5.3 MB
↑拡大クリック
↑拡大クリック

第61号(2019年冬号)

●越前和紙への提言--佐藤友加里さん(インテリア和紙デザイナー)「呼吸する軽やかなインテリア和紙」

●レポート--「越前装飾料紙シンポジウム」開催

●特別寄稿--「歴史に残る福井・尾張藩札」河野徳吉(和紙流通史研究)

情報欄

●新刊紹介「紙が語る幕末出版史」白戸満喜子著、その他イベント、新しい「和紙だより」告知 等

2019冬号.pdf
PDFファイル 5.4 MB